フォトマガジン【ぶらり北陸発】 

■【富山市】インデックス
小井波のミズバショウとヤマツツジとヤマナシの花(04)
小井波のミズバショウとヤマツツジとヤマナシの花(04)
 富山市小井波のミズバショウは、家族が寄り添うような温かさを感じさせた。葉が変形した白い仏炎苞(萼)の清楚な姿が青空の下、4月末の爽やかさを創り上げている。ミズバショウの一株、一株が一帯になると、富山県砺波市の代表的な光景でもある散居村のように・・・[続きを読む]

富山市小井波のミズバショウとウシガエルと桜(03)
富山市小井波のミズバショウとウシガエルと桜(03)
 富山市小井波のミズバショウの群生地は三区画くらいに分かれていて、その間を畦道や木道?などを伝って、ミズバショウをじっくり観ながら歩けるようになっていた。1秒違えば・・・形が違えば・・・・・・[続きを読む]

ニホンヒキガエル、ウシガエル、そして小井波のミズバショウ(02)
ニホンヒキガエル、ウシガエル、小井波のミズバショウ(02)
 体長も16〜18センチ、脚も入れるとすると30数センチ〜40センチは優に超える程のでっかい図体のニホンヒキガエルが、コッチを直視しながら凄みを利かせて一歩一歩近づいてきた。これ位の大きさになってしまうと、アマガエルやトノサマガエルなどのように飛ぶのが得・・・[続きを読む]

富山市小井波に向う途中のキリシマツツジとヤマザクラ(01)
富山市小井波に向う途中のキリシマツツジとヤマザクラ(01)
 3月中旬に場所的下見に行ってきた富山市小井波へミズバショウを観にいってきた。この日は外出はしないつもりでいたが、あまりの良いお天気に「ドコイコ」となってしまったものです。はじめは、利賀村の山奥の水無湿原へ行こうかなとも思ったが、ネットで調べると結構歩・・・[続きを読む]

アンズと淡紅色の落椿の越中稲荷神社とサンシュユと稲荷公園(05)
アンズと淡紅色の落椿の越中稲荷神社とサンシュユ・・・(05)
 桜が開花してくると主人公の座を奪われるとばかりに、今や盛り我が世の春とばかりに謳歌している越中稲荷神社本殿裏のアンズの花と蕾だった。圧倒さえしてくる。越中稲荷神社の横には小さな庭園が造られていて、そこにはたくさんの椿が落ちていた。その潔さに・・・[続きを読む]

アンズの花と蕾、白いツバキ、赤に白覆輪「玉之浦」(04)
アンズの花と蕾、白いツバキ、赤に白覆輪「玉之浦」(04)
 一本の木とはいえ、何処を切り撮っても華やかさが変わらない越中稲荷神社の鈴なりに付けるアンズの花と蕾だった。4月初めの冷たい空気を吹き飛ばすかのようにみえる。そのアンズの木の近くにもツバキの花が咲いていた。越中稲荷神社の拝殿の左側でみたピンク・・・[続きを読む]

ツバキとアンズと越中稲荷神社(03)
ツバキとアンズと越中稲荷神社(03)
 越中稲荷神社の拝殿の向って左横辺りにピンクの花が見えた。近づいてみるとツバキ(椿)だった。ツバキも大変種類が多く、おいそれと簡単には同定できない。私のツバキの花のイメージは、カップ咲きというか椀咲きという丸い花という程度の貧弱なものだが、目の前・・・[続きを読む]

紅いネコヤナギと越中稲荷神社の椿寒桜(02)
紅いネコヤナギと越中稲荷神社の椿寒桜(02)
 越中稲荷神社の境内では、ネコヤナギの花が満開になっていた。早咲きの椿寒桜を観にきたのに、ネコヤナギの花に出逢えるとは思いもしなかった。それも咲き始めの花(紅色)ばかりじゃなく、花粉を出し黄色いや金色に変化し、春の陽射しにキラキラ輝いている葯も多・・・[続きを読む]

咲いている桜を探して越中稲荷神社のネコヤナギ(01)
咲いている桜を探して越中稲荷神社のネコヤナギ(01)
 マスコミが、松川べりの桜の蕾が膨らんだとか各地の桜情報がニュースになっているが、寒いを通り過ぎて冷たい毎日が続いている4月初めにおいて、桜の蕾が色づいているとも思えない。確かに東京では、全国で一番早く満開だと宣言されたが、ここは富山だ。それで・・・[続きを読む]

花が咲き始めた黒っぽいネコヤナギ
黒いネコヤナギの花と久婦須の滝の大迫力(03)
 黒いネコヤナギが群生する様は、渋い派手さとでも例えれば良いのか、うむ”いぶし銀”というか職人世界か。今まで白いネコヤナギしか見たことが無い、そして、こんな大きなネコヤナギが初めての者にとって、気分がハイになってくる。ハイになっている気分に呼応す・・・[続きを読む]

久婦須の滝(久婦須川の砂防ダム)
桐谷サイクルパークと久婦須の滝と黒いネコヤナギ(02)
 それにしても下界には全く雪がないのに、標高が500メートル弱くらいでこんなにも積雪があるものかとビックリさせられた。多分、この辺りが小井波のミズバショウの群生地だろうと思われる。小井波のミズバショウの群生地からトヨタ・クラウンが積み重ねられた辺りに下・・・[続きを読む]

小井波の水芭蕉の群生地
富山市小井波の水芭蕉は雪に覆われていた(01)
 富山市八尾町小井波のミズバショウは、国内でも珍しい標高470m付近という低い位置に自生し群生しているというので、時期的には早いが、陽気に誘われ下見をしてこようとなった。アクセスは、昨年、桐谷地区にオープンしたサイクルパークへ行った際に「小井波のミ・・・[続きを読む]

--------------------------------------------------------------------



富山県と遊ぶ
富山市と遊ぶ
滑川市と遊ぶ
中新川郡と遊ぶ
魚津市と遊ぶ
黒部市と遊ぶ
下新川郡と遊ぶ
高岡市と遊ぶ
射水市と遊ぶ
氷見市と遊ぶ
砺波市と遊ぶ
小矢部市と遊ぶ
南砺市と遊ぶ
石川県と遊ぶ
新潟県と遊ぶ
長野県と遊ぶ
岐阜県と遊ぶ
福井県と遊ぶ
日本全国津々浦々と遊ぶ


ストーンズ・スタイル【ノイ・インテレッセ】

本格革小物販売「ストーンズ・スタイル」

【ストーンズ・フォトアート】ツイッター

【ぶらり北陸発】モノクロ・バナー

【ストーンズ・フォトアート】看板

★ ★ ★
Copyright(C)STONES Corporation All rights reserved.